キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
美容

40代に見えない!若返りする人がしていること

歳を重ねるごとに若返る人、垢抜ける人は、何が違うと思いますか?

特に40代50代からは見た目年齢に大きく差がついてくる年代です。

今まさに40代の方はもちろん、20代30代の方も何をすれば若返りできるのか、実体験を元にご紹介します。

若返りする人の特徴

①SNSを活用する

インスタグラムやTikTokなどの顔出しできるSNSを活用すること。

とても若く見える人が過去の投稿にさかのぼると、昔のほうが年齢がいっているように見えるケースがたくさんあります。

昔はそんなパッとしなかったのに垢抜けたのは、インスタグラムで自分の顔写真をのせることで、イキイキしてくるから。

どうすれば可愛くみえるかな?どうすれば素敵になれるかな?

この思考錯誤が、結果「垢抜ける」ことになります。顔出しなんて無理!という方も、人生は一度きりなので他人の目なんて気にせずに、どんどんチャレンジしてみてください。

実際わたしもリアルに会う人からも、前も美人だったけど、最近もっと美人になったね!とインスタグラムを見て言われたことがあります(笑)

もちろん写真の撮り方、角度や表情の作り方が上達したこともありますが、SNSで自分を客観的に見る影響は大きいものがあります。

②人から見られる環境作り

SNSでもそうですが、他人からみられる機会をどれだけ増やすことができるか。

これは自分で環境を作る、環境化に身を置く努力が必要です。

ただ仕事に行くだけでは見られている気持ちになりませんから、ちゃんと身なりをきれいにしてカフェに行ったり、ちょっと露出のあるウェアでスポーツジムに行ってみたり。

モデルさんがきれいな理由は、常に人に見られているから。

わたしはホテルウーマンを長年していましたが、ホテルはまさに見られる仕事。ホテルマンはみんな実年齢より若く見えます。

また、私服でミニスカートを履いて足を出すと細くなってくる、お腹が出るTシャツを着るといい。といいますが、出すことで身体が緊張するので効果はあると思います。

ただ、40代から私服で露出しすぎると品がなくなるケースが多いので、ここは注意しましょう。品こそ美しさの基本です。

③恋愛

感情というものは、3ヵ月感じなかったら感じにくくなるそうです。

「恋」がまさにそうで、恋愛をしばらくしていない人は「どう恋愛していいかわからない」と言います。

ドキドキする、ときめく、という感情は意識して感じる必要があるということです。

男女だけの関係に限らず、同性でもペットでもアイドルでも。

韓流ドラマはドキドキを継続できてよい方法ですね。

色っぽさとサバサバ系を自由に操る方法色っぽい人とサバサバした人、第一印象で判断される大きな基準は何だと思いますか? わたしは「髪の長さ」だと思っています。 今日...

わたしの若返り法

わたしは鏡で自分をよくみます。

朝起きたら、すぐに顔をみて疲れ具合、艶感などをチェック。着替えるタイミングで全身を鏡でみます。お腹が出てないかな、くびれはあるかな、と前後チェックします。

その時に鎖骨(バストの上の骨)が斜めになっていないか、まっすぐが正解です。斜めになっている人は、肩が上がっていたり猫背気味です。

PCのそばにも鏡があって、時々頭が下がっていないか、口角が下がっていないか見ます。

自分を知ることは、向上できるポイントを知ることでもあります。

ほうれい線が深くなってきたと感じたら、PAOを頑張ったり、美容鍼にいったり。

年齢より大きく若返る必要はないと思っているので、美容整形には手を出さずとも「素敵」と自分自身もまわりの人にも思ってもらえるように年を重ねたいのです。

まとめ

結局のところ、いつも笑顔でたくさん笑う人が素敵にみえるんじゃないでしょうか。

どれか参考になればうれしいです。

では、また明日。

【美意識】40代から差が出る見た目、○○を意識するだけで輝くこんにちは、Yumiです。 40代に入ると見た目が二極化してきます。 いつまでも若々しい人、パッとしなくなってきた人。 ...
【30代40代のナイトブラ】多くのナイトブラを試して、わたしが最終的に決めたNo.1はこれ!こんにちは、Yumiです。 ナイトブラにこだわり続けたわたしが、 様々な種類を試して、 最終的にこれ!と決断したナイト...

✅取り上げてほしい質問や希望テーマは質問箱へ

匿名でできる質問箱はこちら

✅Yumiのインスタグラムもフォローお待ちしています!

Yumi’s instagramはこちら

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です