キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
ランニング

【神戸バレンタインラブラン2022】2年ぶりに開催、コロナ禍のマラソン大会の状況と完走記録

今日、2年ぶりに「神戸バレンタインラブラン2022」が開催されました。

わたしは10キロを走ってきました!

コロナ禍のマラソン大会の状況と共に、

感想を記録したいと思います。

神戸バレンタインラブラン2022

2022年2月13日(日)に開催されました。

天気は「雨」大会途中にどんどん強くなり、

寒さは例年より穏やかだったものの、大変でした。

気になる点はやはりコロナ禍のマラソン大会に出ることに対して、

不安に感じる方がいるのではないかと思います。

その点をお伝えします。

コロナ禍で今までと異なっていること

・体調チェックシートを当日提出すること

・画面で体温確認をする場所を通過すること

・受付がなくなったこと(ゼッケンと計測チップは事前郵送)

・完走記録証がもらえないこと(後日ネットで確認)

景品は、今まであった大会Tシャツがなくなり、

完走後にスポーツドリンクとチョコレートが渡されます。

大会Tシャツは毎年ハートで人気だったので、

集めているランナーさんも多かったので残念と思っているかも!

応援や人混み具合

受付がなかったことで、時間ギリギリにくるランナーさんも多く、

全体的に混んでいる感じではなかったです。

スタート地点までブロックにわけて誘導され、1分ごとのウェーブスタートです。

応援も自粛されているのか、ほぼいらっしゃらず、

スタッフの方が所々で声をかけてくれるくらいです。

雨だから余計に少なく、応援がないのは寂しい感じがしました。

しかし無言でただ雨の中を見守ってくださる方もいらして、

大きな声援が送れない「がんばって!」「ありがとう!」、

そのやり取りができないもどかしさも感じました。

実際に走ったときの感想

飛沫感染リスクが一番怖いと思います。

外なら感染リスクは少ないとはいいますが、

実際わたしが気になった点は、どうしても同じペースで走る人がいるので、

近くにゼーハーすごい息のランナーさんがいます。

それをさけて自分のペースを変更できるならいいのですが、そうはいかないので、

ずっと近くでゼーハーを聞くことになります。

狭い道などは距離が取れないので、かなり気になりました。

マスクをつけて走っているランナーさんもいました。

個人的に嫌だと思ったのは、ダーッとダッシュして横を通り過ぎ、

一旦止まり、またダッシュして、をずっと繰り返している方。

咳もするしダッシュするから息遣いもすごく、何度も横を通るから、

ストレスに…コロナ関係なくても嫌ですね(笑)

気持ちよく走れるかといわれたら、

そうではない場合はあるとわたしは思いました。

わたしの10キロマラソンの感想

昨日、2年ぶりに走る意味・目的を自分なりに感じたいとブログに書きました。

わたしにとって「マラソン大会」の意味は?目的は?2年ぶりに走ります!こんにちは、Yumiです。 明日、2年ぶりとなるマラソン大会に出ます。 わたしにとって、コロナ禍にマラソン大会に出る意味・目...

まず結果は、60分切れるくらいで走る予定で59分で完走。

ギリギリというか、予定通りというか(笑)

当初の目的「止まらずに走る」はクリアしました。

ただ、すごく雨が降ってきて髪の毛は天然パーマみたいになり、

顔もびしょびしょで大変でした。

ボサボサにもほどがある…

当初の最大の目的「たのしいと思えるか」

これは残念ながら、たのしいと思えなかったんですよね。

2年ぶりにランナーさんと話したり、一緒にスタート地点まで行ったり、

ワイワイ人と話す喜びはすごくありました!

はじめましての方でも、ランナー同士ならすぐ打ち解ける感じが、

懐かしいような気持ちになりました。

けれど、実際走った感じでは上記に書いたように、

すぐ近くですごい息を感じたり、

応援がなくてただただ孤独に走っている気持ちになったり。

知り合いを見かけても、大きな声で呼ぶこともできず、

コロナってなんなんだろう…ってね。

天候の影響もあったものの、マラソン大会のよさって、

応援だったり一緒に思いっきりゼーハーすることなんだなって。

これもまた、わたしの中でのひとつの答えであり、経験となりました。

大会の雰囲気を楽しみたい人には、今はまだつらい状況かもしれません。

自分の記録にこだわる走りをするなら、自分と向き合うだけ、

この状況は関係ないかもしれません。

大会にもよるし、コロナの状況もどんどん変化しますから、

どのように感じるかは個人差が大きいようです。

あなたは何者?運動も仕事も、ひとつ専門的にするのではなく○○×○○×○○になる時代こんにちは、Yumiです。 コロナ禍によりものすごいスピードで、 大きく時代が変化しています。 これからの時代は何事に...

まとめ

いろんな状況下でも自己ベストを出したり、

記録を狙って日々努力されている方も多くいます。

もっと気持ちよくハイタッチができたり、応援し合ったり、

できるようになることを願っています。

最後に、スタッフの皆さん、不安もある中見守ってくださり、

ありがとうございました。

ランナーの皆さん、雨の中大変でしたがこの貴重な経験を共にできて

嬉しかったです。

【30代40代 初心者ランナー】10キロを安定して走れるようになる練習方法<30代40代からはじめたランニング初心者の方> ちょっと走ることに慣れてきたころ、 次の目標を探す人も多いのではないでしょ...
【マラソン大会の計測チップ】過去の不正事件からはじまった歴史を知ろう!マラソン大会でゼッケンやシューズにつけている、 計測チップ(ICチップ、電子チップともいう) これは自分のタイムを記録するた...

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です