キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
ランニング

【夏のランニング】暑さが厳しいときは、早朝か夜ランに。注意すること5選

夏のランニング、熱中症にならないよう対策は出来ていますか?

走ることに慣れてきた頃が一番注意が必要です。

実際にわたしも夏場にランナーが道で倒れて、救急車で運ばれる現場を目撃したことがあります。

いつも夏も走っているから大丈夫と思っている方も、もう一度夏のランニングを見直してみましょう!

夏のランニング注意点

①熱中症と脱水症状

・十分な水分補給をする、喉が渇く前に水分を取る

・暑さが厳しい時は早朝か夜ランに切り替える

・ジムのトレッドミルトレーニングを取り入れる

②ランニング時間は30分

・気温が高くなってくると心拍数が急上昇してバテやすくなる

・日中トレーニングは30分くらいが目安

・長く走る場合は涼しい時間帯に

【女性のひとり夜ラン】わたしが気をつけている5つのこと女性がひとりで夜ランするとき、地域にもよりますが、やっぱり不安があるもの。 それでも走れるときが夜しかない場合や、夜に走るほうが調...

③スポーツドリンクなども活用する

・走る前は水分と糖分とミネラルが入ったスポーツドリンクなど摂取

・走った後は上記とさらにたんぱく質も補給する

ランナーもプロテインを飲もう!わたしが6年半継続しているプロテインはこれ!【マイプロテイン】こんにちは、Yumiです。 日頃の食事から、たんぱく質がしっかり取れていますか? たんぱく質が足りていないと、 筋肉の...

④汗

・汗が速く乾くサラサラ素材のウェアなら走っている間も快適

・綿のシャツは汗で重くなる上、ラン後に汗が冷えて風邪をひく原因になるので要注意

⑤紫外線対策

・紫外線は目から吸収するのでサングラスをかける

・キャップをかぶる

・男女問わず日焼け止めを塗っておく

【簡単な日焼け止めの選び方】ランニング中、日焼け止めを塗っているのにシミができるのは、なぜ?ランニングなどの外で運動をする人にとって、日焼けは切り離せない問題です。 こまめに日焼け止めを塗っていても、やっぱりシミができます...

日焼けしたくないからと、全身真っ黒でかなり着込んでいる女性もいますが、くれぐれも熱中症にならないよう気をつけましょう!

まとめ

夏の暑い時期にどれだけランニングを頑張るかで、秋のコンディションが決まる!

とよく言いますが「暑くても頑張って走らなきゃ!」と思ってはいけません!

昔と違って、年々温暖化は進み、昼間のランニングはとても危険な時代になっています。

根性論も大事ですが、自分の命が一番大事です。

日中は30分くらいにしておく、長く走りたい日は早朝か夜など時間帯を工夫する。

倒れるときは急にやってきますから、無理しないで楽しみながら夏のランニングをしましょう。

紫外線カットで通気性抜群の愛用マスクはこちら!洗って何度も使えます。

外で人込みのない場所は、マスクは外して走りましょう。このマスクは腕にひっかけて走ってもずれませんよ。

 

では、また明日。

【ナルーマスクN0U/レビュー】ランニング用の夏マスク、紫外線カットで苦しくない!こんにちは、Yumiです。 本格的に暑い季節となってきました。 今までの常識を覆す?!驚きの呼吸しやすい夏マスクをご...
【フルマラソン完走までの道】継続・習慣化を身に見つける方法 21日間とにかくやる今年の秋のフルマラソン、もうエントリーされましたか? 運動経験のないわたしがチャレンジできたので、はじめてでも完走できます。いつか完走...

✅取り上げてほしい質問や希望テーマは質問箱へ

匿名でできる質問箱はこちら

✅Yumiのインスタグラムもフォローお待ちしています!

Yumi’s instagramはこちら

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

 

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です