キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
ダイエット

【体温を上げる】冬のダイエットに効果的、ランナーの低体温症にも注意!

こんにちは、Yumiです。

新型コロナウイルスの影響で体温を測る機会が多くなりましたが、

自分自身が低体温だと気付いていない方が少なくありません。

またランナーは「低体温症」になる可能性もあります。

なぜ体温を上げる必要があるのか、ご紹介します。

「冷え性・低体温」チェック

現代人に太りやすい人、ダイエットに苦労する人が多いのは、

「冷え」「低体温」に大きな原因があります。
一般的に36.5℃以下は低体温と考えますが、

まず自覚症状でチェックしてみてください。

症状チェック

・目の下のクマや顔のくすみがある

・お腹を手でさわると冷たい

・普段から涙や鼻水が出やすい

・足がむくみやすい

・くちびるが紫っぽい

・便秘または下痢をよくする

・生理痛や生理不順がある

・夜中や明け方に目が覚める

※チェック数が多いほど、「低体温」のリスクが大きくなります

体温が低いとどうなる?

「体温が1℃下がると、代謝は約12%下がる」と言われています。

代謝とは、身体内のエネルギー変換のこと

・日常生活で消費するエネルギー

・じっとしていても消費するエネルギー(基礎代謝)

基礎代謝は60~70%を占め、加齢とともに下がります。

そのため、年々同じ食事をしていても太りやすくなるのはそのためです。

低体温で太っている = 代謝が衰えて太っている

また、低体温になるとあらゆる病気を招くと言われています。

・冷えると血流が悪くなるので、肩こりや身体のさまざまな部位の痛み

・血行不良により血液が汚れ、女性特有の生理痛など

・免疫力の低下

・精神状態の低下

心の問題にもつながる低体温:

1日のうち体温が最も低くなるのは午前3時から5時ですが、

この時間帯は不眠やうつの人がいちばん目を覚ましやすく、

自殺の多い「魔のとき」でもあります。

体温が下がることで、精神状態が悪化するため。

体を温めて体温の底上げをしてあげることも重要です。

【メンタルと身体】心が弱っているなら身体を鍛えようこんにちは、Yumiです。 心(メンタル)が憂うつな気分のときって、結構長引いたりしませんか? 解決方法を知ることが、毎日元...

体温を上げる方法3つ

①お風呂につかる

体温が平熱から1℃上がると、免疫細胞の活性が5~6倍になります。
1日に1回でも2回でも、体温を上げることで免疫力がぐんと高まります。

塩をひとつかみ(80gくらい)、湯舟に入れるとさらにポカポカします。

上がるときにシャワーで流してくださいね。

シャワーで済ませたい日:
首のうしろに温かいお湯をしばらく当ててください。

首には太い血管があるので、全身の血液が温まりやすくなります。

風邪気味のときも効果がありますよ!

②身体を温めるものを意識してとる

旬の食べ物は身体によいものです。

たとえば、夏の旬であるきゅうりやスイカは身体を冷やしてくれます。

冬によく食べるすき焼きは、

肉・卵・ネギ・しょうゆなどの身体を温める食品が多く使われています。

体を冷やす食品

青・白・緑の食品、暑い地域のもの、夏にとれたもの

体を温める食品

赤・黒・橙色のもの、寒い地域のもの、冬にとれたもの

ぽかぽか「ショウガ紅茶」

お茶の中で最も温め効果の高い紅茶に、

ショウガをすりおろして入れるだけ。

お好みで黒砂糖かハチミツを入れてもOKです。

一日3杯くらいがおすすめです。

食事の食べ過ぎには注意しましょう。

食事を取ると、胃腸に血液があつまります。

そのぶん筋肉には血液がじゅうぶんに行かなくなるので、

体が冷えやすくなります。

【オートミール朝食】1日2食にするだけ、ダイエットって簡単だった!こんにちは、Yumiです。 ダイエットは食事制限が一番つらかったりしませんか? 1年以上、ほぼ毎日オートミール朝食の私が、 ...

③適度な運動をする

体の中で、最も熱を生産している器官は「筋肉」です。

その筋肉の約70%が下半身にあります。

そのため、スクワットや歩くことが大事ですね。

【コロナ太り】初心者向け!超わかりやすい女性向けダイエットの始め方(総まとめ)こんにちは、Yumiです。 いまだコロナ太りから抜け出せずに苦戦している方、 そろそろ本気を出さないとそのまま年を越...

ランナーは要注意「低体温症」とは

低体温症とは、体温が35℃以下に落ちてきた状態です

ランナーの私たちは夏の熱中症対策は敏感ですが、

冬の低体温症も命の危険を伴う症状なのです。

ランニング中に低体温症になるポイント:

気温が低い、風が強い、雨や雪が降っている、大量の汗をかいている

走るということは、体に風を受けているので、体温が奪われるのです。

低体温症にならないための対策

・走りはじめはウインドブレーカーなどを着ておく

・手袋やネックウォーマーなども活用する

・水分を補給する

・汗が乾きやすい素材のウェアを着る

(綿のTシャツで汗をかいた状態で走ると、急激に体温が低下する場合があります)

私も低体温症の怖さを知った

以前ジムで「体温を測る」イベントがありました。

冬の時期でしたが、外を走ってジムに戻ると、
毎回体温が低すぎて計測できないのです。

そんなことあるの?と私自身がびっくりしたのですが、

その時に「低体温症」というのを知りました。

手は冷え切って動かなくて、これが悪化すると危ないのだと。

あまり知られていませんが、死亡率も高く、油断してはいけませんね。

私は多少寒いくらいなら半袖で走りますが、走る前は筋トレをして、

体をあたためておく、ウインドブレーカーを持っていく、

走った後はしっかりケアして湯舟に浸かるなどしています。

女性の冷え性はモテる?

実は手の冷えって、女性はモテるんですよね。

とにかく手が寒いので、ずっと手に息を吹きかけてる姿は可愛いし、

男性からもあたためてもらえます(笑)

「手が冷たいのは心があたたかい証拠だ」…昭和の名台詞です。

私は元々かなりの末端冷え性で、年中手足が冷たいタイプ。

手足が冷たすぎて眠れないほど…。

けれど私は筋トレで筋肉を増やしたことで、足の冷え性を克服しました。

夜も靴下を履かなくても、秒で眠れます。

手は今でも冷たいので、これはなぜか治りません。

ヨガの先生によると呼吸法を取り入れて血液に酸素を多く含ませると、

徐々に良くなるとのことです。

まとめ

パッション・情熱がある人は、「心に熱」があります。
心の熱はプラスの感情、この熱も体温をアップさせてくれます。

心が豊かな人はリラックスさせる副交感神経の働きを高めて、

血流をよくするからです。

これから寒くなりますので、できることを少し意識して、

今年の冬は「熱をもった自分」で過ごしたいですね!

【心の整理】年末までにやっておこう!新年 目標の立て方と叶える方法こんにちは、Yumiです。 2020年は激動の1年となりました。 つらかったこと、苦しかったこと、多くの感情が溢れましたね。...

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です