キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
ランニング

【冬ランニング】冬に寒くても走れるようになるコツ Q&A

せっかく始めたランニングなのに、冬になるとやめてしまう人が多いです。

実際にマラソン大会の多い秋が一番ランナーが多く、真夏と冬はランナーが激減!

せっかくランニングを趣味として始めたのなら、継続したいと思いませんか?

ダイエットをしている方は特に、冬も運動しておいたほうがよいですよね。

冬には冬のランニングの楽しみ方があります。

寒い中走るのが苦手な方、朝寒くて起きれない方にも、ちょっとしたコツをつかんで冬ランニングを楽しみましょう!

冬に寒くても走れるようになるコツQ&A

Q:朝寒くて走るまでに時間がかかる

A: パジャマの代わりに、ランニングウェアで寝ましょう

朝起きたら、そのまま走りに行きます。ランニングに出るのが億劫になる一番の理由は、準備がめんどくさいからです。

ランニングウェアを着ちゃっているので、もう外に出るしかありません!

ランナーが言う有名な言葉 「走って後悔したことはない」

走らなくて後悔することはあっても、いざ外に出てしまえば走れます。

走ってしまえば、達成感でいっぱいになるはず!

Q:朝が寒くて起きれない

A.思い切って冬は走らないか、他の時間の選択肢を考える

朝型・夜型があるように、どうしても朝が苦手な人はいます。

朝早起きができない人、寒くて起きれない人、ランニングを朝にするのをやめませんか?

昼休み休憩に走っているサラリーマンもいますし、仕事が終わって夕方か夜走る方もいます。

平日は走らず、週末のお休みの日だけ走る方もいます。

朝ランがキツイと感じるくらいなら、無理して寒い朝に走らなくてもいいのではないでしょうか。

時間が朝しかないという方もいらっしゃるかもしれませんが、冬だけランニングはお休みしちゃう、そのかわり筋トレをするなど運動の種類を変えることもありです。

また北海道などの雪の降る地域の方は、冬はランニングができません。

冬は割り切って走らないランナーさんもいますし、ジムのトレッドミルにしている方もいます。

数カ月走らなくても、春が近づいてきてまたランニングを再開しても大丈夫。身体がランニングを覚えていますから、すぐに調子は戻ってきます。

Q:寒くて外ランがつらい

A.ランニングウェアを重ね着しましょう!

走り始めるとあっという間に身体がポカポカになってきますが、走り出すまでが寒くてつらいですよね。

ランニングウェアは重ね着をしても通気性がよいので、快適です。例えば、長袖のウェアの上にもう少し厚めのジャージを重ね着しておきます。走り出して温まってきたら、脱いで腰に巻いて走りましょう。

Q.冬に便利なアイテムは?

①手袋

手先が手袋で覆われているだけで、寒さ感覚はかなり改善されます。

ランニング用の汗が乾きやすいタイプの手袋がおすすめです。

②ニット帽

オシャレなランナーさんがよくかぶっている、ニット帽。

朝ラン時なら寝癖も気にせずかぶるだけ、頭が温かいと寒さ軽減になります。

③首まであるマスク

首も覆うマスクなら、首と顔両方を風から守ってくれます。

スポーツマスク専門ブランド、ナルーマスクのおすすめをふたつご紹介します。

ナルーマスク「N2」は新製品で夏も使える薄い素材です。

走り出してすぐ熱くなる方は、この素材なら最後までつけたままランニングできます。

保温効果はありませんが、一枚あれば肌感が違います。

【ナルーマスク新製品/N2】首の日焼け防止になる、呼吸が楽なスポーツマスク。母にプレゼントしてあげよう!運動する人にとって、スポーツマスクは必須アイテムとなりました。 わたしが愛用しているスポーツマスクのブランド「ナルーマスク」から新...

ナルーマスク「F5」は柔らかい生地で暖かいのに、通気性もあり。

首丈の長さがあり、防寒用マスクとしてもご使用頂けます。

④薄いウインドブレーカー

ペラペラの薄いウインドブレーカーが一枚あれば、年中活躍します。

冬は長袖のウェアの上に一枚羽織るだけで、防風、保温にも。何より不要になったとき、小さくなるし、腰に巻いても違和感がありません。急な雨も助かります。

冬のランニングの楽しみとは

わたしは年中通してランニングしています。冬も同様、走っています。

神戸市なので滅多に雪が降ることはないのですが、ランニング中にパラパラと雪が舞っていたり、あられが降ってきたり。

そのすご~くたまに降る雪を感じるチャンスは、ランニング中です。家にいると絶対気付かないですから。

あとは、空気。

冷たい空気は澄んでいて、走って熱くなった身体に気持ちいいです。

真夏のダラダラ出る汗もいいのですが、自分の息がはぁはぁと白く見えるのもいい。

冬に走る最大のメリットは、ダイエットです。

クリスマス、年末年始と食べる行事が続きます。その時々でランニングを継続しておけば、全然違います。

ランニングのカロリー消費量は思うほど大きなものではありませんが、ランニングはお腹に腹圧をかけて走るので、自然と体幹が鍛えられています。

その小さな積み重ねがあるのとないのでは、雲泥の差です。

わたしも実際に筋トレだけでは、びっくりするほど体重が増加します。ランニングを時々入れることで、体重増加を防ぎならがたくさん食べたいものを食べて、体型を維持しています。

ランニングといっても、わたしも冬は1回5キロくらいですから、長距離を走る必要はありません。

楽しみながらも、健康大事ですよね。

では、また。

【体温を上げる方法】冬のダイエットに効果的、ランナーの低体温症にも注意!実は自分自身が低体温だと、気付いていない方が少なくありません。 また通常はさほど低体温でない人でも、 冬に走るランナーは「低...
【冷え対策】ステイホームで活躍する「電気ひざ掛け」1時間1円コスパ最強!こんにちは、Yumiです。 自宅でお仕事をする人が増えましたが、 寒い時期におすすめのアイテムが、 電気ひざ掛けです。...

✅取り上げてほしい質問や希望テーマは質問箱へ

匿名でできる質問箱はこちら

✅Yumiのインスタグラムもフォローお待ちしています!

Yumi’s instagramはこちら

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です