キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
美容

【睡眠】5人に1人が悩む不眠、質のよい睡眠をとるコツ3つ

こんにちは、Yumiです。

なぜか物事がうまくいかない、負の連鎖になっている。

そんなとき、最も早い解決法が「寝ること」です。

眠りはマイナスの状態をいったんゼロにしてくれる、便利なシステムです。

睡眠は量より質、詳しくご紹介します!

眠りをコントロールするメリット

人は起きているときの行動は意識的に計画を立てますが、

睡眠の計画を立てている人は、あまりいないのではないでしょうか。

仕事がうまくいく人、見た目が若く覇気がある人、

そういう人は「睡眠」をとても大事に管理しています。

熟睡すると脳が編集作業をしてくれるので精神も回復し、

身体の傷が癒えるのも、また熟睡のおかげなのです。

しっかり寝ることができた翌日は、落ち込んだ気持ちが少し癒えていたり、

肌の調子がものすごくよくなった経験がありませんか?

熟睡は精神的にも肉体的にも、バージョンアップします。

「睡眠はおまけではなく、人生の中心」。

睡眠が充実すれば、充実した人生を送れるということです。

質のよい睡眠をとるコツ3つ

質の良い睡眠を得るには、熟睡する環境を整えることです。

①寝る3時間前には食べない

寝る3時間前までに食事を済ませておけば、空腹で寝ることができます。

空腹のまま眠ると、胃で消費するエネルギーをすべて睡眠に回せるから

だからこそ、短時間で深い睡眠を得ることができます。

心地よい空腹感でぱちりと目が覚めると、朝食が楽しみになります。

②自分に合う枕を徹底的に探す

「枕難民」とも言われるほど、枕が合わず肩こりや腰痛に悩む方が多いです。

ランナーがランニングシューズにこだわるように、

快適に眠るためには枕にこだわりましょう。

枕選びは誰かのおすすめで選ぶのではなく、

妥協せず本気で自分で探しましょう!

合う枕は直感で「コレだ!」とわかります。

また眠りに入るスピードが違います!

専門家のオーダーメイドの枕、タオルを丸くしたもの、座布団、

これがぴったり!と思うならなんでもいいのです

③とにかく早く寝る

熟睡、深い睡眠が得られれば、

目覚まし時計なしでパッと目覚めることができます。

睡眠は90分のサイクル

1サイクル:眠りの浅いレム睡眠と眠りの深いノンレム睡眠

7.5時間睡眠すると90分サイクル×5回ということ。

一般的にこのサイクルの切れ目に起きれば、

すっきり起きれるという仕組みですが、個人差があります。

早く寝れば、目覚ましが鳴るよりも早くスッと起きることができます。

目覚まし時計が鳴る前に起きることができる環境を、

整える努力をする。

ショートスリーパー/ロングスリーパーとは

ショートスリーパー:3~4時間しか寝なくても大丈夫なひと

明石家さんまさん、ムツゴロウさん、モーツァルトなど

ロングスリーパー:9時間以上寝ないとダメなひと

ウサインボルト、タイガーウッズ、ロジャーフィデラー

一般的に約7時間半が最も長生きにつながる理想の睡眠時間といわれています。

しかし、個人差があるため時間にこだわらずに、

自分の身体の声を聞いてみてください。

「もっと眠りたいのか、起きたいのか。」

もし毎日睡眠不足だと感じているなら、

その生活自体を見直す必要があります。

一日のスケジュールを洗い直してみましょう!

一日のスケジュールを決める際は、一番に「寝る時間」を設定してから、

他の予定を埋めていきましょう。

睡眠に役立つグッツ3つ

①アイマスク「めぐりズム」

眠りが深く取れない原因のひとつ、カーテンが薄く明るいということ。

人はまぶたを通して光が入ると、浅い眠りになります

アイマスクを装着すると、一瞬で暗闇になるので、

習慣にしておけば旅行先などでも困りません。

②冬は布団乾燥機

冷たい布団は寝るまでに時間がかかります。

冬は暖房をかけすぎると乾燥するので、布団乾燥機で温めましょう

ほっこり温かいお布団に身を任せれば、あっという間に落ちます。

私は冬の時期は毎晩使っていますよ!

私は週末に長時間寝て調整する

睡眠不足は老ける原因、これは本当です。

よくママ友から太りやすい、肌の調子が悪い、髪が抜ける、

いろいろな不調を聞きます。

睡眠が取れているか聞いたら、びっくりするほど取れていません。

母は本当に多忙ですね…。

私は一週間疲れたと感じた週末は、12時間位寝ます。

家族に「日曜日は昼まで寝るからよろしくね!」と告知しておきます。

しかし、睡眠をたっぷりとっても「睡眠を貯金」することはできません。

たくさん寝たからといって、翌日から睡眠時間が短くできるわけではないのです。

まとめて眠るのは、疲れを回復するためです。

週末にこの疲れを返済しておくことで、一週間のリセットになります。

しかし、休みの日にまとめて寝ると、その夜が早く寝付けないので、

これは最終手段です。

やはり毎日睡眠をしっかりとること、これが大事です!

「とにかく睡眠」

熟睡は究極のアンチエイジング。

「着圧スパッツ」「ナイトブラ」は要注意

寝るときは締め付けてはいけません。

足を着圧したり、きついナイトブラでリンパを締め付けることで、

血液が滞りめぐりが悪くなって、逆に悪循環になります。

着圧系ブームですが、身体に締め付けあとが残っていたりすると、

めぐりが悪くなっていることは一目瞭然ですよね。

「寝るとき着圧スパッツはしない、ナイトブラは優しいものを選ぶ」

【バストアップ】しなきゃ損!3つの対策とナイトブラ厳選2種こんにちは、Yumiです。 日々運動してバストに負担をかけている方、 特に40代からは年齢による垂れたるみが深刻にな...

まとめ

よくありがちなことは、あまった時間で寝ようと考えること。

睡眠はおまけではなく、人生の中心」。

これを機に、自分の睡眠を見直してみませんか?

【体温を上げる】冬のダイエットに効果的、ランナーの低体温症にも注意!こんにちは、Yumiです。 新型コロナウイルスの影響で体温を測る機会が多くなりましたが、 自分自身が低体温だと気付いていない方が少な...

にほんブログ村 美容ブログへ
にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です