キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
ダイエット

【水泳】ダイエット目的でプール通い、失敗する3つの理由とその対策

こんにちは、Yumiです。

筋トレは難しそうだし、走るのは嫌いだし、水泳って効果あるかな?
プール通いしてるけど全然痩せないのはなぜ?

水泳でダイエットの効果が出ない方、これからやってみようと思っている方、

失敗しがちな原因と対策をご紹介します。

私は水泳を週1回、1,500mくらいクロールで泳いでいます。

他にも筋トレ・ランニング・ヨガなどのトレーニング経験者です。

プールで泳いだら痩せるの?

結論:もちろん!

水泳は全身運動なので、カロリー消費量はダントツNo.1の運動です

水の抵抗で運動強度が高いため、歩くだけでもしっかり消費します。

水泳ダイエットで失敗する原因3つ

①食べ過ぎている

水泳は水圧で身体に負荷がかかるため、疲れを感じやすいのです。

ものすごく運動した気分になり、その反動で多く食べてもいいと思ってしまう

これが多くの原因です。

運動で消費したカロリーよりも多く食べてしまうと、

摂取カロリーがプラスになってしまいます。

ダイエットの原則: 消費カロリー>摂取カロリー

②水泳で筋肉を鍛えるということ自体に矛盾がある

ダイエットのコツとして、筋肉量を増やすことも大きなポイントです。

なぜなら、筋肉量が増えると基礎代謝量(じっとしていても消費するエネルギー量)が増え、身体のラインも引き締まってきます

本来、水泳は水の抵抗を少なくして効率よく泳ぐか、ということが醍醐味です。

つまりいかに筋肉を使わずにスムーズに泳ぐかが重要になってきます。

筋肉量を増やしたいと思っているなら、水泳だけでなく筋トレと併用すると、

効率よくダイエットする事ができます

③ストレッチをしていない

プールで泳いで満足してしまい、ストレッチを怠っていませんか?

身体の筋肉をほぐす、ストレッチすることは、とても重要なことです。

どの運動にもいえますが、身体をほぐしてあげないとケガの原因になります

ストレッチは血流をよくしてむくみをとったり、冷えの改善になります

プール通いのコツ

水泳は全身運動なので、筋肉がまんべんなく鍛えられるのは確かです。

ただ泳ぎ方によって負荷のかかるポイントは変わってくるので、

クロールと平泳ぎなどパターンの違う泳ぎ方を組み合わせるのがいいです。

ジム併設のプールなら、スイミング教室やレッスンが無料で受けられる場合があります。

初心者クラスに入ってコツを習得したり、

アクアビクス(水中エアロビクス)も、全身運動が楽しくできておすすめです。

もっと筋肉量を増やしたいと思っているかたは、

筋トレをしてそのあと20分くらい水泳をするとさらに効果的です

どんな身体になりたいですか?

ダイエットしても「ただ細いだけ」「しわしわになってしまった」という事では、

もったいないと思うのです。

特に40代からは代謝も悪くなり、身体のメリハリ感がどんどん減ってきます。

水泳などの有酸素運動はとても有効ですが、

ストレッチをして身体の柔軟性を上げることを忘れないでほしいです。

身体の筋肉が固まったままでは、綺麗なラインの身体を作ることは難しいです。

また水泳をはじめると筋肉がついて、

体重が思うように減らないと感じることがあるかもしれません。

体重にまどわされず、鏡で自分の身体のラインを日々チェックしてください

運動はどんなものでも向き不向きがありますので、合わないと思ったら、

ちがう運動に変更するなど、柔軟に対応することも大切ですよ

【筋膜リリース】ホグッシーとローラーで身体のラインを変える!こんにちは、Yumiです。 日頃から身体のメンテナンスをしていますか? 忙しくって整体に行けない、ケアできていないと思われる...

まとめ

特に通いはじめは身体が慣れていないため、疲労感でぐったりして、

気持ちが負けてしまいそうになるかも…。

しかし、ダイエットは継続が一番重要です。

何歳からでも、身体のラインは変えられます!

・週2~3回は泳ぐ

・30分くらいでいい

・体重にまどわされず、見た目にこだわる

【ダイエット】有酸素運動だけではダメ、一番効果的な方法(体験談あり)こんにちは、Yumiです。 実は、ランニングなどの有酸素運動はとっても非効率なのです。 ダイエットするなら効果的にス...
ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です