キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
ランニング

【重心】足裏の重心はどこ?ランナーの膝痛や猫背反り腰の原因はこれ!

こんにちは、Yumiです。

足裏の重心を意識したことはありますか?

正しい重心の場所を意識するだけで、

普段の立ち方からランニングはもちろん、

生活する上でも身体の負担が楽になります。

たった一点の重心ポイントをご紹介します。

こんな方におすすめの記事です

・走り方が悪いような気がする

・膝がよく痛くなりがち

・足裏を意識して走ったことがない

わたしはこんな人

・ランニング歴5年

・フルマラソンの練習で膝を痛めた経験あり

・ヨガ/太極拳/パーソナルトレーニングで身体の仕組みを勉強中

重心の場所は足裏の「ウナ」

重心をかける場所:

「ウナ」といって内くるぶしの真下

なぜウナかというと、

ウナの上が足の骨(脛骨)だから。

太い骨でしっかり支えてくれるからです。

とても重要なのに、

実はこの「ウナ」を知らない人が多いのですよ。

膝痛・猫背/反り腰の原因

ランナーに多い膝を痛める人

体重が外側にかかっている場合が多いです。

(私もそうで、足のアーチがあまりなく偏平足…。)

猫背・反り腰の人

母指球(親指の下)のつま先重心になっています。

重心のウナをしっかり意識して、

立つ、歩く、走る

ができるようになると疲れにくく、

身体の負担がなくなります。

内側の中心に意識がいくので、

力が外側にいったり、つま先重心が改善されていきます!

足裏は三点って言わない?

基本的によく言われているのは、足裏三点。

母趾球(親指の根もと)、小指球(小指の根もと)、踵(かかと)

この三点はとても重要で、

ヨガ・太極拳でも必ず指導されます。

三点でしっかり地面を踏むようにすると安定する、

という事です。

しかし、三点を同じように意識するってとても難しい。

身体を支えている骨の上にあるウナを意識すると、

無駄な力が入らず重心がしっかりします。

ウナの重心を感じていないと、

振り子のように身体が左右にぶれてしまいます。

三点を意識することも大事ですが、

結局ウナを意識しておけば力は外に抜けず、

安定します。

【姿勢】正しい姿勢を勘違い!?楽に立てれば体幹強化、反り腰・身体の負担軽減に!こんにちは、Yumiです。 パソコンやスマホが日常的となり、 猫背・巻き肩が深刻な悩みだったりしませんか? 日々のスト...

私の学び

私はランニングで過去に膝を痛めました。

とてもつらい経験でしたので、たくさん勉強しました。

結果、足裏がとても重要だと学んだのです。

ウナを意識することを忘れて走っていると、

やっぱり膝に負担がきていることが今でもよくわかります。

この足裏重心の重要性は、私の通っているヨガの先生と、

解剖学を学んでいる太極拳の先生から教わりました。

ウナに関してはゆる体操で有名になった運動科学者、

高岡英夫氏の著書に記載があります。

実は私がホテル勤務をしていた頃、

高岡先生がお越しになり、ゆる体操を学んだことがあります。

スタッフの健康を守るための会社の取り組みのひとつでした。

今こうして知識が繋がり、びっくりしています!

まとめ

ウナという場所を意識するだけで、

力が外に逃げない!

ただ知っているだけではなく、日々意識することです。

意識が難しい場合はペンで印をつけておくのも、

いい方法ですよ。

【初心者ランナー】膝の外側が痛くなったときは、すでに悪化している!すぐできるケアとトレーニング方法(体験談あり)こんにちは、Yumiです。 ランニングで膝が痛くなってしまった、という方。 膝は治るのにとても時間がかかります。 長く...

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です