キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
ランニング

【故障しないランニング】わたしが走るときに意識している、たったひとつのこと

こんにちは、Yumiです。

運動未経験だったわたしが、

現在ランニング歴6年となりました。

その間、多くのケガ・故障を経験しました。

これからの長い人生で故障せず走っていくために、

「どこを意識して走っているのか」をご紹介します。

膝を痛めているかた、

自分なりの方法で走って不安に思うかた、

ぜひ読んでみてください。

走るときに意識するポイントはただひとつ

結論

足の裏の一点、内くるぶしの下に重心を置いて走る

一般的に走るときに意識することは、

すごく多くありますよね。

例えば、

・目線は真っすぐ少し先をみる

・体幹をつかって、腹圧をかける

・胸から引っ張られるイメージをもつ

・少し前傾ぎみ

その他にも、腕の振り方・左右のバランスとか。

けれどそんなにいっぱい、

走りながら意識できないですよね。

だから1点だけ、内くるぶしの真下を意識して走る

【重心】足裏の重心はどこ?ランナーの膝痛や猫背反り腰の原因はこれ!こんにちは、Yumiです。 足裏の重心を意識したことはありますか? 正しい重心の場所を意識するだけで、 普段の立ち方か...

膝を故障する人に共通すること

ランニングは中心を意識して走ることで

バランスがうまく取れるのですが、

人間の構造上、足裏の真ん中を意識すると、

外側に重心がいってしまいます。

だから、膝を痛める人が多い。

そのため、内くるぶしの真下がポイント。

少し内側を意識することになりますが、

ここが感覚的にちょうど真ん中になるのです。

これが重心の正しい使い方であり、

故障しないコツです。

【初心者ランナー】膝の外側が痛くなったときは、すでに悪化している!すぐできるケアとトレーニング方法(体験談あり)こんにちは、Yumiです。 ランニングで膝が痛くなってしまった、という方。 膝は治るのにとても時間がかかります。 長く...

わたしの故障経験談

わたしは過去にフルマラソンの練習のオーバートレーニングで、

ふくらはぎの肉離れと、

膝(ランナーズニー)をかなり痛めました。

その後、一年間まともに走ることができず、

とても苦しい思いをしました。

そこからパーソナルトレーニングを受け、

体幹トレーニングなどをコツコツしてきたのですが、

結局のところ、重心がちゃんと真ん中にこないと、

どれだけ体幹トレーニングしても、

どれだけゆっくり走っても、

膝は痛めるのだと知りました。

だから難しいことは考えず、

ただ内くるぶしの真下だけ

そこだけ忘れず走っています。

解剖学の視点からいえる、

全ての運動に共通する大事なポイントです!

ランニング途中で「もう走れない!」足が止まったときの対処法こんにちは、Yumiです。 ランニングの途中で急に走れなくなること、 ありますよね。 その時どうするか? わたしの経...

まとめ

電車に揺られているときに、

内くるぶしの真下に重心を置くようにして立つと、

そんなに揺れずに身体をキープできます。

これが出来るようになると、

ちょっと押されても、ドーンと立っていられます。

ぜひ意識してみて下さい。

では、また明日。

走るとき音楽を聞く? 無音ランニングのすすめこんにちは、Yumiです。 走るときに音楽が習慣になっている方こそ、 ぜひチャレンジしてほしい無音ランニング。 無音で...

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です