キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
ランニング

【バストアップ】ランニング女子はバストが小さくなる?!筋トレでおわん型バストにする方法

こんにちは、Yumiです。

「ランニングをするとバストが揺れて小さくなる!?」

ランニング女子でもバストダウンしないコツや、

胸の筋トレで効果を出す方法についてご紹介します!

こんな方におすすめの記事です

・ランニング女子はなぜバストダウンするのか

・自分でできるバストアップ方法が知りたい

・筋トレ女子はなぜバストが大きいの?

ランニングでバストが小さくなる理由

バストは「脂肪」です。

太れば大きくなり、痩せれば小さくなります。

①有酸素運動なので、脂肪が減る

走ることで身体の脂肪が減って痩せると同時に、

バストの脂肪も減っているのは当然なのです

ランニングでバストダウンすることは、

避けられない事実だと言えます。

②走るとクーパー靭帯が切れる

バストはクーパー靭帯という靭帯で支えられています。

走って揺れることにより、伸びたり切れたりします。

その影響でバストが垂れて、ボリュームが減っていきます。

クーパー靭帯は一度伸びたり切れると、

元には戻らないのが特徴です。

ランニング女子のバスト対策

結論:走るなら、必ずスポーツブラを付けましょう!

とにかく揺らさない!これが一番重要です。

スポーツブラは、ヨガ用の締め付けのゆるいタイプと、

ランニング用のサポート力の強いタイプがあります。

しっかりホールドするランニング用スポーツブラを選びましょう。

 

【バストアップ】しなきゃ損!3つの対策とナイトブラ厳選2種こんにちは、Yumiです。 日々運動してバストに負担をかけている方、 特に40代からは年齢による垂れたるみが深刻にな...

筋トレでバストアップは可能

胸の筋トレをすると、バストの中(土台)が盛り上がるので、

バストアップはもちろんバストの垂れ防止にも。

筋トレ女子のバストがおわん型なのは、

バストの土台を筋肉でしっかり作っているからです。

今からでも遅くない、40代50代でも可能です。

男性でも筋トレでバストを作り上げることができるので、

女性もやるしかないです!

筋トレバストアップ方法

おわん型のバストをつくるにはコツがあります。

鍛える場所は、「胸筋上部(上の内側)」

バストの前で手を合わせて力を入れると、

上の内側に力が入ります。

これを毎日やりましょう!

上部の位置を意識して鍛えていくと、

綺麗なおわん型バストになっていきます。

胸を張る意識が付くので、姿勢もよくなります。

家で鍛える人はYouTube「バストアップ」で検索すると、

他にもたくさん宅トレ動画が出てきます。

ジムに通っている人は、負荷を重めに設定して、

胸の内側に効くマシンで筋トレしましょう。

筋肉は急に増えないので、コツコツやりましょう!

【肋骨締め】広がった肋骨はコルセットで矯正できる!簡単呼吸法もW効果ありこんにちは、Yumiです。 肋骨(ろっ骨)が広がってるのは、 骨だから無理だと思っていませんか? 実は、骨は動くんです...

まとめ

どんなにスポーツブラや筋トレで努力しても、

姿勢が悪ければ全て台無しです。

日々の姿勢が正しければ、バストも綺麗にみえます。

バストダウンを極力減らし、ランニングを楽しみましょう!

【姿勢】正しい姿勢を勘違い!?楽に立てれば体幹強化、反り腰・身体の負担軽減に!こんにちは、Yumiです。 パソコンやスマホが日常的となり、 猫背・巻き肩が深刻な悩みだったりしませんか? 日々のスト...

にほんブログ村 その他スポーツブログ 女性ランナーへ
にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です