キレイは運動と心で叶う
Love and care for yourself
メンタルヘルス

【睡眠】ストレスが多い人ほど睡眠を削る!?12時間寝る私の分析/睡眠の質を改善する方法

こんにちは、Yumiです。

毎日気持ちよく深い睡眠をとれていますか?

多くの人が睡眠の悩みはあるものの、

具体的に深く追求していないのではないでしょうか。

一日の三分の一を占める睡眠、

睡眠を上手くコントロールするコツをご紹介します!

睡眠を削ってしまう人の特徴

睡眠時間がうまく確保できていない人は2パターン。

・自ら睡眠時間を削っている人

・快適に眠ることが難しいと感じる人

自ら睡眠時間を削ってしまう人は、

実はストレスが多い人によくあることなのです。

その理由はストレスを発散するために「やりたいこと」を

増やしてしまうから。

心が安定している状態であれば「やるべきこと」を優先して、

「やりたいこと」は調整しながら生活できます。

しかしストレス過多になると、

SNSを長く見入ってしまったりなど、

ON/OFFの切り替えがうまくできなくなります

なかなか眠ることに苦戦している人は、

よく眠るコツと枕などのグッツをご紹介しています↓

【睡眠】ランナーこそ質のよい睡眠で回復しよう!コツ3つと枕難民のための枕はこれ!こんにちは、Yumiです。 朝起きて、疲れていると感じるのは、 しっかり睡眠がとれていないから。 5人に1人が不眠に悩...

ストレスが多い人はどうすればいい?

「やりたいこと」を我慢しないでやる

例えばSNSを見続けて時間がすぎ、睡眠が削られる人は、

心の中では(また長くみてしまった…後悔…)という、

罪悪感でいっぱいになりながら寝ていませんか。

思考を変えて、SNSを見ることはストレス解消だ!と、

自分に許可をだして堂々とみるのです。

仕事や私生活に差しさわりがないのであれば、OK。

そう割り切ってみましょう。

無理に趣味をやめる必要も、楽しみを削ってまで、

睡眠確保しなくてもいいのです。

「やらなくてもいいこと」を見つける

やっぱり睡眠は確保したい、寝なければ不安。

そういう場合は「やらなくてもいいこと」を、

リストアップして書き出すことです。

例えば、家の片付けや掃除。

毎日こまめにしなくてもいいし、

不要なものをなくしてシンプルな部屋にしておけば、

片付けの時間はかなり短縮されます。

人は「やること」に意識が向きますが、

「やらなくてもいいこと」は意外といっぱいありますよ。

わたしの睡眠分析と対処方法

私の睡眠時間は、

月~土は6-7時間、日曜日だけ12時間です。

ランニングウォッチのガーミンで睡眠記録をとっています。

ポイントは睡眠の質です。

①悪い場合(2021/11/4)

7時間くらい寝てもストレスの多い浅い睡眠ならば、

体力は復活せず。

②良い場合(2021/10/25)

短い睡眠でも深く眠れていれば、

パワーは回復しています。

グラフでわかるように、

睡眠時のストレスが全くない状態のとき、

深い睡眠がとれています。

よく眠ることが好きなので、

日曜日だけ家族に言っておいて12時間寝るのが、

わたしの楽しみです。

睡眠時間が長い短いよりも、

「深い睡眠」がとれているかどうかが重要

【GARMIN/ガーミン745】初心者こそガーミンでランと体調を管理する!こんにちは、Yumiです。 私は最新モデルのガーミン745を愛用しています。 ランニングの計測だけでなく、細かい体調管理がこ...

悪い睡眠のときの傾向

私はほぼ毎日「非常に良い睡眠」がとれています。

悪い睡眠の場合は、2パターンあります。

①体調が悪い

風邪気味、体調不良になる前兆など、

身体の調子が悪いときに睡眠の質が下がります。

睡眠記録を取っていると、

前兆を早く知ることができるので、

無理せずゆっくりすることを最優先にできます。

②ストレスを感じることがある

寝る前に嫌なこと思い出したり、

気になることが解決せずモヤモヤしていると、

浅い睡眠になっています。

ブログの書きすぎ・インスタのやりすぎも、

良くないですね(笑)

質の低い睡眠の改善方法

①心のモヤモヤを書き出す

自分で解決できない悩みやモヤモヤは、

「紙に書き出す」という方法が有効です。

解決できなくても書き出すことで、

負の感情を自分で認めることができ、

結果はやく抜け出すことができます。

ついてない・モヤモヤが取れない時に、運気を上げる方法2選こんにちは、Yumiです。 毎日ポジティブで明るく過ごせたら最高ですが、 人間そんなわけにはいきません。 特に今はコロ...

②運動かサウナ、汗を流す

身体を適度に疲れさせ、汗を流しておくと、

よく眠ることができます。

運動習慣のない人は、サウナがおすすめ!

サウナの入り方

①サウナ室で身体を温める

②水風呂に入り身体をキンキンに冷やす

③身体の水分を拭いて、外気浴(外の空気に触れる)をする

温度の高い状態・低い状態を作ることで、

血管が開いたりギュッと縮まったりし、

全身の循環がよくなります。

また筋肉を40度くらいまで温めると、

「熱ショックたんぱく質」という物質が作られ、

筋肉を肥大させる効果もあります!

さらに深い睡眠のときに筋肉が肥大するので、

筋トレをしている人はマッチョポイントですよ。

水風呂が苦手な方は、室温に戻るだけでもOKです。

【Garmin746/ストレスレベル計測】ガーミンでストレス値分析!ストレスを減らす方法2選こんにちは、Yumiです。 日々のストレスを数値化して知ることができると、 いいと思いませんか? ランニングウォッチ【...

まとめ

睡眠について少し考えたり、

ヒントになることがあれば嬉しいです。

寝ると元気になる!

身体の基本ですから、大事にしましょうね。

では、また明日。

40代からは頑張り過ぎない、ムリせず目指せメリハリボディ!こんにちは、Yumiです。 「憧れるスタイル」の定義は、 人それぞれですよね。 今回は私が目指している、 「無理...
ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村

ABOUT ME
Yumi Miyai
<Webライター・ブロガー> ザ・リッツ・カールトン大阪で11年勤務後、2児の母に。 「好きなことだけして生きる」をモットーに、キレイは運動と心で叶うコツを発信しています。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です